特殊車両通行許可申請を行政書士に依頼する場合の報酬額の相場の目安

特殊車両通行許可申請を行政書士に依頼する場合の報酬相場の目安

東京都武蔵村山市の特車申請屋さん(運営:紺野行政書士事務所)です。

特殊車両通行許可の申請は、手続きが煩雑で時間がかかるだけでなく、不備があれば再申請が必要となるため、専門的な知識や経験が必要です。
そこで、多くの人が行政書士に申請を依頼しますが、その際に気になるのが報酬相場です。

特殊車両通行許可を行政書士に依頼する場合の報酬相場は、一体どの程度なのでしょうか?
できるだけ安く済ませたいという方が多いと思いますが、安さばかりを追求すると、質の低いサービスを受けてしまう心配もあるのではないでしょうか。

この記事では、特殊車両通行許可申請の報酬額の相場や、行政書士事務所に依頼する際に気をつけるべきポイントなどについて、専門の行政書士がわかりやすく解説します。
この記事を読むと、適正な相場で安心して依頼できる行政書士事務所選びができるようになります。

特殊車両通行許可申請の報酬額の相場を教えます

日本行政書士会連合会が5年に1度行う報酬額統計調査によると、特殊車両通行許可申請の報酬額の相場は以下の通りです。

令和2年度報酬額統計調査の結果
平均  37,104円
・最頻値 30,000円

報酬額統計

最頻値とは統計の中で最も多かった金額になります。
ただ、各行政書士事務所の地域差などによって異なるため、あくまで目安と捉えてください。

適正な相場で安心して行政書士事務所に依頼する方法

相場は上記の通りですが、実際にはネットで検索していくつかHPを見てみると、特殊車両通行許可に特化したもっと安価な事務所もあると思います。
その中でどの事務所に依頼するか検討する際に、注意していただきたいポイントがありますので是非ご参考にしてください。

HPの料金表のみで選んではいけない理由

行政書士に依頼した場合の報酬は基本的に車両の数と経路の数で決まるところが多いと思いますが、他の要素も絡んで最終的には料金が決まります。
したがって、HPの料金表を見て決めるだけでなく、ひと手間ですが、電話をかけて実際のところどれくらいの料金になりそうか確認、または見積もりをとることが、想定した金額となるべく開きが出ないようにするために大切です。

ちなみに、料金が高くなってしまう要素をひとつを挙げるなら、未収録道路調査費用というものが挙げられます。
この工程を基本料金に含めている行政書士事務所と追加料金としている行政書士事務所があります。

追加料金としている場合、最終的な料金が自分で考えているよりも高額になる可能性がありますの。
依頼する際、見積もりの際に説明はあると思いますが、念のためご留意ください。

未収録道路調査費用とは
全国の道路は行政庁の方で道路情報便覧というデータベースに通行条件等の情報が収録されており、効率的に審査ができるようになっておりますが、全ての道路が収録されているわけではありません。
この道路情報便覧に収録されていない道路を未収録道路と呼びます。
詳しくはこちら▼
道路情報便覧とは?特殊車両通行許可に必要なデータベースについて収録道路や未収録道路も解説!

そして、申請経路に未収録道路があることがわかった場合は、
・未収録道路の道路管理者名(例:○市)
・道路名称(例:○市道△号線)
を調べて、申請書に記載する必要があります。
この工程を未収録道路調査などと呼びます。

この未収録道路の箇所数は申請書作成に着手しないと厳密には判断できないため、別途追加料金としている行政書士事務所ですと、最終的な料金がいくらになるかの判断が難しいです。

多くの申請経路は○市道、△県道、□町道と様々な道路管理者をまたがります。
仮に、この未収録調査費用が「2,000円/1道路管理者」の行政書士事務所に依頼し、5道路管理者あれば、+10,000円になります。
しかし、依頼前には何箇所あるかはわからないため、料金表のみでは、この+10,000円は予測できません。

ちなみに、弊所では、未収録調査は基本料金に含めています。
申請書を作成するまでは未収録道路の箇所数は判断しづらく、料金設定としてはお客様にとって優しくないと考えるためです。

未収録道路調査費用を追加料金とするかしないかについては各行政書士事務所の方針によるところだと思いますので、どちらがよい、よくない、ということはありませんが、特殊車両通行許可を行政書士に依頼しようと検討している方はご留意いただければと思います。

まとめ

この記事では、特殊車両通行許可を行政書士に依頼する場合の報酬相場の目安について解説しました。

結論は、報酬額の相場は平均37,104円です。
行政書士事務所を選ぶ際には注意するポイントとしては、料金表のみで選ばずに、電話やメールで確認したり見積もりをとることが、適正な相場の行政書士事務所に安心して依頼するために大切です。

特殊車両通行許可に関する事でお困りの方は、専門家である行政書士にご相談ください。

contact_txt