道路情報便覧とは?特殊車両通行許可に必要なデータベースについて収録道路や未収録道路も解説!

道路情報便覧とは?特殊車両通行許可に必要なデータベースについて収録道路や未収録道路も解説!

東京都武蔵村山市の特車申請屋さん(運営:紺野行政書士事務所)です。

特殊車両は一般的な車両と異なり、大きさや重さが違うため、道路を走るためには特殊車両通行許可を得る必要があります。
実は、申請書を受付けた行政庁は審査を行うときに全国の道路情報が収録されたデータベースを利用しています。
このデータベースを道路情報便覧と呼びます。

この記事では、特殊車両通行許可専門の行政書士が、道路情報便覧とは何か、どのような情報が収録されているのか、なぜ更新が必要なのかについてわかりやすく解説します。
この記事を読むと、特殊車両を運行する事業者様にとって通行許可を円滑に取得するためのヒントが得られるかもしれません。

道路情報便覧とは

道路情報便覧とは、特殊車両が通行するために必要な情報を収集・収録したデータベースです。

このデータベースには、全国の道路の構造や交通条件などが詳細に記載されており、申請書を受付けた道路管理者は、特殊車両が通行するための許可限度値以内の車両であれば、データベースを参照することで審査を効率的に行うことができます。
また、道路管理者は最新の情報を反映させるためにも日々データ更新を行っています。

道路情報便覧に収録されている情報とは(収録道路)

このデータベースには、交差点や橋梁、道路幅員や最少高、最少曲線半径などの属性情報が含まれています。
これらの情報は、特殊車両が通行する際に必要な条件を示しており、通行許可の審査において重要な役割を果たします。

道路情報便覧には収録されている道路を収録道路と呼びます。

道路情報便覧に収録されていない道路(未収録道路)

実は、道路情報便覧には全国のすべての道路が収録されているわけではありません。こういった収録されていない道路を未収録道路と呼びます。
未収録道路は、道路管理者による個別の審査が必要となりますので、その分、審査期間が長引く傾向があります。

この道路情報便覧に全国の道路がどれくらい収録されているかは以下の通りです。

道路情報便覧の収録状況

  • 高速道路や国道
    ほぼ100%
  • 都道府県道
    約60%
  • 市町村道
    約30%

    以上の通り、まだ収録化は十分とはいえない状況です。※平成29年度時点の情報

道路情報便覧が更新されている理由

ドライバーならば、道路環境は常に変化していることはよくご存知と思います。
日々、新しい道路が作られたり、既存の道路が改修されています。

道路情報便覧に収録されている情報も、実際の道路状況に合わせて常に最新にするために更新する必要があるのです。
道路管理者は、毎年データ更新を行い、道路情報便覧を最新の状態に保つことが求められています。

まとめ

この記事では、道路情報便覧について解説しました。
結論は、道路情報便覧とは、特殊車両が通行するために必要な情報を収集・収録したデータベースのことであり、特殊車両通行許可の審査に使用されるものです。

特殊車両通行許可に関する事でお困りの方は、専門家である行政書士にご相談ください。

関連記事はこちら▼
1週間で許可は出るのか【最短3日】【特車申請】【間に合わない】

contact_txt